読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suikazukのうんぬん

日々考えるよしなしごとをのせていきたい。

テレビの政治ニュースがひどい

f:id:suikazuk:20150823161559j:plain

テレビで聞く政治の話がびっくりするほど全く面白くない。そんな不満をぶちまけたいと思います。

テレビのニュースでは、毎日毎回戦争法案が…とか、徴兵が始まる…とかの話ばかりしています。果たして本当に戦争に向かっているのか?私は安保法案の焦点は、そこではないと思っています。

 

 冷静に考えて戦争するわけないですよね?国民誰も支持しませんし、きっと内閣だってそんなことしたいと思っていません。平和な日本において、戦争したいなんて思っている人は内閣を含めていないはずです。

 

少し位政治の現状を賛成、または中立の立場からも聞かせてくれてもいいのに。

問題は、なぜ法案改正したのか、ということ。もっと問題なのは「なぜやったのか」をマスコミが流さないこと。「戦争をしたいから」ではない、ちゃんとした理由があるはずだと思っています。

私は結局政府側の真の意志は分からないままです。残念ながら、政府の意志を、政府の側から示す文章をまだ読んだことがありません。マスコミによる、「反対したい意志」の入った文章しか見つけられないのです。

 

それでも、それらの情報をつないで考えると、私は、アメリカにすり寄るための法案なのかなと思っています。今後イラク派兵に近いことをするうえで、身動きがとりやすいように、みたいな意味だと思っています。(違っていたら教えてください)

そもそも、自衛隊イラクなどへ行ってしまっている時点で、大きな問題があるわけです。私は戦争反対というのなら、安全保障法案より派兵の方が批判されるべきと考えています。今回の法案が戦争に向かっているとするよりは、もっと前にイラク派兵という戦争に近づく大きな問題があったと考えています。しかし、いずれにしても、派兵はしている。

これまでの派兵では、集団的自衛権の行使を認めていないです。そのため、この法案以前では、自衛隊をアメリカ軍等が守ってくれていて、自衛隊は軍備薄めで派兵されていました。今回の法案は、集団的自衛権を認めることで、自分の身は自分で守るよー、というものだと考えています。法案イコール戦争が始まる、とはちょっと違うんじゃないでしょうか。

 

そして、結局法案に反対なのなら、「戦争反対」ではなくて、「アメリカのいいなりの犬になるな」とか「どんどん憲法と合わなくなっている」が適しているのではないでしょうか。

 

きっとリテラシーのある人は、こんな偏ったマスコミの情報の中からでも、なるべく色々な意見を取り入れて反対(または賛成)しているのだと思います。でも、例えばお年寄りはどうでしょうか。ネットが使えなくて、一日テレビ見てて、朝日新聞を取っているひとは、きっと日本は戦争を始めると思っていることでしょう。というか、私の祖父母が「戦争を始めるのではないかと不安だ」と言っていました。

私自身は法案賛成・反対考え切れていないですが、マスコミの報道姿勢には絶対反対です。たまには政府もこうしたいんだろうね、とか、こんなに頑張っているよ、とか、そういう政府側の立場の番組があっても良いのではないでしょうか。

 

Yahoo知恵袋より)誰かの質問に対してのベストアンサーの抜粋です。以下文末を改変し勝手に転載させていただきます。リンクはこちら

大事なのは多様な意見です。ひとつの事件なり出来事なりは、必ず見る角度によって違う顔を見せるものです。それを一つの角度からしか報じないということは極めてアンフェアであり、報道ステーションなどのメディアが、自分たちが前提とする物語を揺るがす価値観の介入はいっさい認めないという気質を感じます。