読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suikazukのうんぬん

日々考えるよしなしごとをのせていきたい。

お前は過去を捨てられるのか?

大好きなブルーハーツの曲「情熱の薔薇」で、ヒロトは歌います。

見てきたことや聞いたこと 今まで覚えたぜーんぶ でたらめだったら面白い そんな気持ち分かるでしょう

これが分からないんですよね~…。

  • 自分は過去にすがって生きてきた

自分は過去にすがって生きてきた部分があると思います。過去自分が勉強して得た知識や見聞が他人によって認められたことが、今の自分の自信の根源になっているのです。自分が今プライドを持てるのは、過去に得た知識と、過去それを承認された経験を持つからであって、生身の今に強い自信を持っているわけではないのです。

  • 生身で生きろよ

釈迦も、俗世のすべては諸行無常のどうでもよいことと言ったそうですが、広義には「情熱の薔薇」と同じことを言っているのかなと思っています。つまり、見たこと聞いたことに執着していないで、生身で生きろよ、ということです。

  • 一見根拠のない自信

私のすごいと思う人の多くは、一見根拠がなくても、「事実である」ものがなくても、自信に満ちています。(心が)カッコいいやつは過去の自慢なんかしませんし、知識をひけらかすこともしません。そして、そういう自信に満ちた奴には結果が後からついてくるのです。きっと情熱の薔薇のような、しがらみのなさに心から共感できるでしょう。

  • もっと上の概念を根拠とした自信

そういう人はどうやって自信をつけてきたのでしょうか。謎です。これも何かコツがあれば、ぜひ教えていただきたい。でも、謎ではありますが、過去の成功体験が自信に関連しているのではと推測しています。自分がやれば周りの人がついてきて、結果も付いてくるという自信。過去の出来事そのもので自信を得ているのではなく、自分がやればうまくいくという、もっと上の概念を根拠とした自信。私も、そういう自信を持ちたい…。と言いつつやっぱり知識を捨てることなんてできないのでしょうねぇ。とにかく成功体験を積むしかないのです。そうやって焦るとあんまり成功しないものだとは思いますが。

毎度まとまりのない文章ですが、つまりむやみに自信のある人になりたい。