読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suikazukのうんぬん

日々考えるよしなしごとをのせていきたい。

「我々が共有する普遍的価値」とは何か?

f:id:suikazuk:20151115215719p:plain

つい先日パリで悲惨な事件が起きてしまいました。

自称イスラム国のテロにより、多くの犠牲者と負傷者を出したこの事件で、米国オバマ大統領は声明を出しています。

「全人類への攻撃」=仏テロ事件で支援の用意―米大統領

www.whitehouse.gov

Once again, we’ve seen an outrageous attempt to terrorize innocent civilians. This is an attack not just on Paris, it’s an attack not just on the people of France, but this is an attack on all of humanity and the universal values that we share.

曰く、「このテロはパリやフランスの人々だけではなく、全人類(humanity)・我々が共有する普遍的価値への攻撃だ」と。

さすがオバマさん、カッコいいですね。大変遺憾であるとしか言えない日本に対して、えらく概念の広いテロへの批判をしてきます。特にカッコいいのは「我々が共有する普遍的価値への攻撃だ」、の所です。世界一の国としての自負のある言葉な気がします。でも、私はこの言葉が妙に引っかかりました。

オバマ大統領は、「全人類」と、我々が共有する普遍的価値」を並列してコメントしています。全人類は、我々が共有する普遍的価値を持っているかのようです。オバマ大統領は西側諸国の価値が世界の普遍的価値だと思っているのでしょうか。少なくとも自称イスラム国の人たちとは価値を共有できていないからこのようなテロリズムに発展しているというのに。

どこの本だったか、なるほどと思って読んだ文章があります。うろ覚えですが要旨は以下の通り。

「保守的なイスラムの国は、欧米こそが侵略者だと考えている。例えば、イスラムの地域では、女子に教育を受けさせずとも今までやってきたし、女子も別に教育を受けたいとは思っていない。それなのに欧米文化の押し付けで女子を教育させようとする。マララは欧米の宣伝に洗脳されたかわいそうな子だ。女子の教育の問題だけではない。今までアッラーの教えを厳しく守って生きてきたのに、なぜ突然欧米の言いなりにならなければならないのか。欧米教に入信しろというのか。」

f:id:suikazuk:20151115215543p:plain

文化の押し売りを嫌がったイスラムの教えを守る人々は、(例えは悪いですが)反抗期の子供のように、欧米を全否定したくなってしまう。そうやって溝が深まっていく。(もちろん私も全てのイスラム教の人がテロリズムを歓迎しているとは考えていませんよ。)

テロを起こす人だって、価値があります。その価値に基づいて、テロを起こすわけです。オバマさんは「我々が共有する普遍的価値への攻撃だ」といいましたが、自称イスラム国の人たち等と普遍的価値が共有できていないことがすべての根源であるということが分かっているのでしょうか。

私は思うに、多様な考え方を知るべきです。そして尊重し、自ら納得して取捨選択していく。日本はそれがとてもしやすい国で、ありがたいことです。イスラム圏の国の中にも欧米とうまくやっている国がありますが、そこら辺を参考に、どう文化交流していくか、させていくか、考えるべきでしょう。もちろん同時に我々がイスラム圏の考え方を知らなければいけませんね。