suikazukのうんぬん

日々考えるよしなしごとをのせていきたい。

ホリエモンの「プライドを捨てろ」とは

ããã©ã¤ã ä»äºç¾æ¨¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

自分の部屋であまり本が読めません。本を読むのは好きなのですが、もっと堕落したネットサーフィンとかゲームとかが好きなため、全然読めません。

そんな自分は、立ち読みでならいくらでも読めるため、立ち読みで読破した本がたくさん…(本屋さんごめんなさい)

最近読んだ本の中に、本というか啓発本ですが、ホリエモンのありがたいお言葉系のやつがあります。最近書いた本2冊くらい読みましたが、内容は似ていました。最近ホリエモンが言いたいことがいくつか決まっているのでしょうね。

その中の一つが「プライドを捨てろ」というものでした。プライドが高くてもいいことない。モテている奴は大体プライドが低い。というものです。私も一部同意ですが、少し言葉足らずな気がします。

ヒトの中には、あまりにも自尊心が低くて、人に慰められるの待ちをしている人がいます。プライドを捨てろとはいっても、これはプライドが高いより問題だと思います。

プライドには2種類あって、一つは自分の「外に出るプライド」、他人と比較したり、とやかく言われて傷つくもの。つまりホリエモンが低い方が良いと言っているもの。さらにもう一つが「内に秘めるプライド」。自分のアイデンティティとして、自分の芯であるというプライド。自分で考えている自分のスタイル。私が大事だと思っているものです。

自分に芯があるけれど、人に多少プライドを傷つけられるようなことを言われてもへらへら笑ってやり過ごす。更に自分の中のプライドは全く傷ついていない。そんな人間がモテるのかなと思います。

中高生の文化祭のスローガンが「プライドをもて」みたいなやつでした。多感な学生時代、他人と比較して生きていた私は、自分で「外に出るプライド」が高いことが分かっていて悩んでいました。なんでこんなプライドを持てなんて言うのか、プライドなんて低い方が良いのではないか、と考えたのを思い出します。でもこのプライドは「内に秘めたプライド」であり、自分で自分の芯をもて、ということだったと今なら分かります。でもそういうのが分かるようになるのって、歳をとって面の皮が厚くなって、そういう悩みがなくなったからなんでしょうね。

ホリエモンは元々どちらのプライドもめっちゃ高いに違いありません。ですが袋叩きにあって収監されて、他人にどういわれようと気にしてはいけない、と「外に出るプライド」をなくしたのでしょう。ホリエモンにはアイデンティティのない人の気持ちなんて分からないはずですから、こんな「内に秘めたプライド」のことなんて考えもしないんでしょうね。