読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suikazukのうんぬん

日々考えるよしなしごとをのせていきたい。

切れ痔に対処するたった一つの方法

f:id:suikazuk:20160104233928p:plain

※気づいているかと思いますが下ネタです。でも、ぜひ読んでほしいのです。

 

去年の年末に祖母から衝撃的な知恵袋を聞きました。この衝撃と言ったら「衝撃的な話・オブ・ザ・イヤー2015」決定です。

皆さんの中にもあまり言いたくないけど、実は困っているんだよね、という悩みを抱える方は多いと思います。トップの一角に「切れ痔」は入っているのではないでしょうか。出すたびに血は出るし、何とかしたいけど、お医者さんに行くほどではないし、かといって放置してよいものか…?そう、まさにこの年末までの私です。

出す時にあえて肛門を狭めることで、広がりすぎないようにする、でもやっぱり血が出てしまう。1~2日に一回ブツが通るものだから、傷が治ろうにも治らない。ウオッシュレットがないときれいにしきれないし辛すぎる。そう、まさにこの年末までの私です!!

こんな悩みを解決したのは祖母の知恵袋。いわく、私の血筋は祖母のもっと前の代から肛門が弱めなのだそう。そんな中編み出された技が、「肛門と尾てい骨の間を指で押しながら排出する」というもの。ご先祖はなぜ、そんなところを押したのか。どういうメカニズムで痔が発症しないのか。祖母の説明は全く的を得ません。しかし、とにかくプッシュがすごい。(理論の後押し的な意味で。)半信半疑で(一信九疑くらいで)試してみると…!

出るんです!いたみなく!血も出ず!

なぜかわかりません!でも、出るんです!にゅるっと!

f:id:suikazuk:20160104234230p:plain

出るんです!くぅ~~~~~~!!!

これは全国の切れ痔の人に教えなければ!この日から、私の人生の一部は、切れ痔の人のために使うことを心に決めたのです。簡単な啓蒙活動です。とにかく、出す際に肛門と尾てい骨の間を指で押す、これだけです。押す強さはまだ検討段階ですが、少し強めなら安心(?)で、きっと痛みなく出すことができるはずです。効果は半端ではありません。これで安心して夜も眠ることができるようになりました。

この記事を、一人でも多くの切れ痔もちの人に読んでもらえればと思います。そして、疑いながらでも、試してみてください。出す際に肛門と尾てい骨の間を指で押す。

しかし…一つ残念ながら、副作用があります。押した指がくさい。直に触ったわけではないのに…?

しかし!!そんなことは些細なことです。切れ痔が良くなるためには、多少の犠牲も払いましょう!出す際に肛門と尾てい骨の間を指で押す。よろしくお願いします!!